読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4日目

今日から2泊3日でグレートバリアリーフでの海上生活。

出発時間は8:30と前日より早かったので、早く就寝しており、時間には間に合った。

まずは車でショップまで行き、スーツケース等の大きい荷物を置いた後、ボートに乗った。
このボートは、海上宿泊のボートと陸をつなげるボートらしく、日帰りのひとはこのボートに乗って帰るとのこと。

まず乗船して、自分のBCD等の機材をTakaからうけとりセットアップ。
その後はダイビングスポットまで時間があったので、ルーフトップにて日焼けをしていた。
肩のあたりと腕に日焼け止めを塗り忘れていたため、後に後悔することになる。

行きのボート上で2本のダイビングを行った。それぞれ海でのスキルとなったため、プールで行ったスキルを繰り返し行うこととなった。演習となるため、GoProは持っていけなかった。
スキルが比較的早く終わったので、余った時間はTakaがいろんな魚を紹介してくれた。

最初のダイビングは、Saxon Reaf Sandras。ニセクロナマコ・イバラカンザシグレートバリアリーフアネモネフィッシュが見られた。

次のダイビングは、Saxon Reaf Reaf Magic。 オオシャコガイ・カニハゼ・イロブダイ・ナポレオンフィッシュ・エラヤガラの幼魚が見られた。

ボートが宿泊ボートに到着後、乗り換えを行った。この船では、この乗換から一日が始まるとのこと。
乗り換え後は1本ダイビングがあるとのことで、準備を行った。

このダイブは、Saxon Reaf Atlantic Clipper。 タコ・ハゼとエビの共生・チョウチョコショウダイ・サラサハダ・クラウンアネモネフィッシュが見られた。

このダイブも演習の一貫で、翌朝のダイブが認定ダイブとなるため、ナイトダイブはできなかった。
その代わり、船に集まってくる魚をシュノーケルをつけて観察するというのは出来た。
船の飛び込み台でうつ伏せで見る形だったが、ダイビングしたほうがおもしろいだろうなとは思った