今日の英会話

RとLの発音を練習する
 Lower, Lawyer, Rulerを連呼

bone conduction: 骨伝導

 I want to use bone conduction grass.

今日の英会話

今後はちょっと学んだことをブログにつらつら書いていこうかと思います。(続くかな‥?)

単語

Intentionality: 志向性

It depends on the intentionality whether programming is easy or not.

So far: これまで

How many contries have you been to so far?

strong: 強い(オーロラの凄さの表現)

The magnetic force was so strong.

旅行サマリー

インチョン空港つきました。
韓国はトランジットで一応全旅程は終わったので、サマリーを。
 
 
目的はグレートバリアリーフでのダイビング。海上泊でダイビングをするという経験は中々やらないと思うので、とても貴重な経験となったと思う。
日本語でのライセンス取得だったので、日本語割合は多かった。
 
トラブル発生
無し
 
 
エアーズロックは多分一生分見たと思うw
サンセット、サンライズ、フィールドオブライトといろんな角度からエアーズロックを満喫できた。
登頂は強風のためできなかったのが心残り。
 
トラブル発生
無し
 
 
アメリカ行きへのトランジットだけの予定だったが、時間あったので市内観光をした。
ポケモン探しを用命されていたことを思い出し、探すものの見つかる気配がしなかった。
オペラハウスも良かったけど、ダーリングハーバーの夜景はきれいだった。
 
トラブル発生
早朝にBIGBUSに乗ろうとチケットを購入したものの、スーツケースを載せられないと却下され、結局乗れなかった。
 
4. サンフランシスコ
 
たまたまかも知れないが、雲ひとつなく、非常に天候に恵まれた。
全体的に物価は高いが、Uber網が非常に発達しており比較的安いので、移動はすべてUber使ってたと言ってもいいくらい使った。
ナパバレーでの試飲は美味しかったが、別に若いときに行く必要は無いなと思った。
ヨセミテは想像以上にきれいで、リピーターが多いのもうなずけた。
 
トラブル発生
AirBnbのホストが鍵を近くのコンビニにあずけているというメッセージを見れておらず、家の前で立ち往生していた。
Googleマップにてサンフランシスコ発の便を登録していたのだが、タイムゾーンが変わったタイミングで自動的に時間がずれて、乗り損ねた。
 
5. ラスベガス
 
一言でいうとクレイジーな街だった。
ホテルがでかすぎるというのは聞いていたが、でかすぎるだけじゃなく、細かい所まで作り込んであるのには驚いた。
人生初のスカイダイビングは最初死ぬかと思うが、無重力状態はとても楽しい。砂漠じゃないところで再度やってみたい。
ナイトクラブツアーで仲良くなった人たちはずっとfxckって言っていた。楽しそうにしてたので問題はなさそう。
Uberはホテルの送迎口が決まってる関係で、すぐに乗れるわけじゃないというのが使い勝手悪かった。その場で乗りたいのに、歩いて10分かけてその送迎口まで向かわなければならない。
 
トラブル発生
AirBnbで泊まった家に置いてあったウォーターサーバーの水に当ってしまい、最終日はホテルのトイレ巡りとなってしまった。
 
 
まさにアメリカの大自然!という感じだった。
アンテロープは光の加減で幻想的だったし、ホースシューベンドやグランドキャニオンは想像以上に谷が深く、逆にモニュメントバレーは謎に出っ張ってるのが印象的だった。
圧巻だったけど、特に変化するわけではないので他の誰かが言っていたように、まぁ人生に一回見ればいいかなという感じではあった。
 
トラブル発生
無し
 
7. ニューヨーク
 
ほとんどマンハッタンにしかいなかったが、碁盤の目上であるきやすかった。。はずなのに、8割くらいの確率で真逆方向に歩くという現象に見舞われた。
ラスベガスからの気温差が激しかったが、なんとか体調は崩さず。その分天気が非常によく、夜景は非常に綺麗だった。
自由の女神像もとてもきれいに見れたけど、風が強すぎてすぐ帰還。
 
トラブル発生
たまたま入ったバーの横に座っていたひとがブロードウェイミュージカルの俳優さんでびっくり。「マッサージしてあげるから僕の家に来ない?せっかくNYきたんだから」と誘われさらにびっくり。もちろん行きませんでした。マッサーは世界共通
そのミュージカルを見に来ている人が翌日ロンドン行きで一緒になるということで、空港のラウンジに招待してもらった。
 
8. ロンドン
 
ロンドンはアイスランド行きのトランジットだったのだが、手配の関係でヒースローからスタンステッドに移動しなければならなかった。9:20にヒースロー到着の予定が9:40となり、10:25にギリギリ入国。ダッシュで10:30発のスタンステッド行きのバスに乗り、出発2時間前に無事スタンステッドに到着した。これちょっとでも遅れてたらその後の予定はなかったので、この旅行一のファインプレーだった。
 
トラブル発生
ファインプレーにより無し。
 
 
素晴らしいの一言。町並みもこじんまりしていてオシャレだし、ちょっと外に出れば大自然が待っていて、いずれもユニークな経験ができる。
物価が日本の倍以上なのは勘弁して欲しいけど。
あと美男美女ばっかり。
オーロラを見たタイミングが非常に良かったらしく、オーロラに襲われるような感覚で見られてとても感動した
 
トラブル発生
無し
 
10. ロンドン
 
このロンドンは一泊するので、ちょっとした観光をした。
ピカデリー周辺はおしゃれな建物が多く、泊まったところもそのような建造物の地下一階で歩いていて楽しかった。
レンタサイクルが町中にあるのだが、24時間借りても£2なので非常に効果的。ただし雨が降っていなければ。
 
トラブル発生
自転車乗ってたら雨に濡れた。

9日目 シドニー

エアーズロックを後にし、アリススプリングスを経由してシドニーへ。

シドニー到着は夕方になってしまったので、オペラハウスの日没を鑑賞し、夜景を見に市内徘徊。

f:id:kotamat:20170401013558j:plain

 

https://lh3.googleusercontent.com/7XcIodI3xugsY-S9e0IG-w2kmvIaAUyHoVGUi-UmhCAunz5x2AMgyOZdEUMfbOEycmI703WpBRd0vg_b1K3TyuFCHVxP9LY_arlqOOti0uwJeh_LvTqQVkuJavndQXJghBq232I_mHnQxd5vgt7_9MZY-i7-2yRxNJO_ph9RMOi4b5BSy7Ettt6xmmR5_vLttNjM0K_loslCW0TIyNHAO_6OZpmpvwVYbkGfmBDMLJlVWOp5pSqHUGGOhylPZ1fMQiTEbDgvVOxKEvMDuu3ENSTtIGPzMTu1BFKyumJKb05C4pq4QRiq9rnu-Sh5WQfMc_NPU7xpXm400pFrioPmTzosO2xRo1PdlyexKFHrhGDVku4OBYT2rY6ojnomBbUZQ06-MchdBOKgCRjUX-Ihyhpd_MAKKoJtXAW2dhoAy_e4Gpgj51iQKANyxpwpA5UrshiNsdV_Mt7XIzSPwQ2Tl2lDu3OO19fyhHUuH76BLnaYyqFhI7Aa9QJHdBrkkay0kuwZCsi_7pXJA87HXg3EPuChY13YCTyNikQ9mYimI94gW1_FNg_r6WP9lNh-vZAq71rrjYUmOBssZAj73sNUgYiLKh5vV-Jt1QZXdsxJ4ytpweKUYg=w984-h223-no

日没の感じは素晴らしかったが、夜景はもっとすごかった。

夜景はダーリングハーバー周辺を徘徊したのだが、港がとても狭く、両サイドのライトがくっきり見れて360度きれいな風景。

https://lh3.googleusercontent.com/jmPtzRF4FVU60tvEZo09VgL1YgXsSewSivs3FBXIJQooKxRsRZQz6dEhZQF4czIdf513aQoj7lyZYyHtkvq5TLgdR2hm33tejoEO4Yldw6heO6sZU0BhnBwHOVpntbEW95mqHz0JY-WcaMV2gWqlmdb6sWgFtUGvbZSgzGshHnWrKSaCq72A6_dwW-I0N5AtpnVW6sr3GKJ24_MPSucDsky9LktsEl6N8Brk-oevi2aW5LaBds1xht5OkSPwapMEVsDVhms2vSV16-md9vm5ssZrIHC_MBDRpIhWnJZ6g1Z-30A-KSpQ3Ib8kqGwenRdyorymO9tX7XHu5zRlIOMPhFVeDjCR-MTjdlnmlBRqzor5EcVR2zkmEH9and7WN5xuluQ0CWa8i7MbvQwaug-wqQXn5V7id4WzZyaluIk0x8iMqz_QYzx41t4q5vfIYYTPi2vufmR6UNzoLc2QBV03y2ulMvweGFELos9Mv6SeFtNjqreJfz0AsgZlIuinzdReQmYiPZb-0BVf48BxHPqHo77xItGBOWSOkBUJFmZpWtTcPn-toov5aKfgTqMrrMdot1wTyRFLtsZIl2FvPgUnqk44xFQQYc0vx36Er3b3Esf75S2zBye4A=w984-h738-no

何か面白い事やろうかと思ったけど、そんなに思いつかず、徘徊して終了した。

泊まったAirBnbのホストはとても優しく市内案内してくれた。

 

10日目シドニーからサンフランシスコへ

前日はシドニー観光があんまりできなかったので、早朝のBIGBUSでシドニー観光をしようと、チケットを事前に買っておいた。

ただ、ビッグバスの開始時間と経過時間、フライトの時間を考えると、先にチェックアウトしておかなければならず、スーツケースを持参して搭乗しようとしたところ、バスの運転手に止められる。

せっかくお金払ったのになぁと思いながら、時間的に余裕が無いので、そのまま空港へ。

オーストラリアからサンフランシスコへは13時間かかるのだが、日付変更線をこえるため、その日の9:30に到着するという不思議な感じで到着した。

到着後はまずスーツケースを下ろすために、Airbnbのホストの家に向かった。14:00に到着すると言っていたのだが、時間になっても到着せず。到着後ホストから「いや、家の近くのコンビニに鍵置いてあるって書いたじゃん」と言われ、確認するとたしかに書いてあった。見逃していた‥

ということでその後BIGBUSに乗りサンフランシスコ市内観光。

途中下車途中乗車してもオッケなものなのだが、時間がなかったので、一方通行でフィッシャーマンズワーフへ。

https://lh3.googleusercontent.com/aDdP9qXYUCUY9wUT9wGo_J4v74EaFWpxtYwIXvXBJhM82KSDE7xK2mMYy5EDfwBKrKVv3rTpWNDpoOyZuLD4yqA6oAyR4SKRAxRLqXH2HsoOaPA1OOXxGIqcRapRv8yXsGKZAaM3cJPdP6onQiZVh6V9piEQP0qYugoLsbyyllq09RkW5EFD6LmP8GX21-9t4sdA9QG56uqDBeH6zy01RWthOeQBOLStfyde1HV_8ZWjbEakNSCnXaeRkgeluZAtvEGogTNTJJc6ABnSE8Xf-73jyL808cMYo97oBmMGoupUoXLg5v_9tweXX3r3oTB-EyKGnM3Yia8B_vhYW8780lcjBlKl0VoOpyUW5Jiq7hn-dTusMYszZclUVYp4q3Ur9jUBaTFgAHxd5L5_bot48an2d5jONbv0dVol6nVxbH5Z0Oq_6CiYw0H1RtgUcX5Sb0jsnw11PIRRWsG0ysftAGHEZvvF8OFsvrDoTdP2LD83V6x0RqfrIffrrEwFkgX7BXXRurbYvDtazaGFTTryu5f9P75EC5GHI3qUYduv562QOngAnNTd5og3fI3Wv3nxs2enRFEyWwSI3lr33IK1AtV0rHhAwKvsv6iyHHb3UoyLqbnCcYFtag=w627-h835-no

フィッシャーマンズワーフはこじんまりとした漁港兼ちょっとしたテーマパークといったかんじで、食べ物屋さんが周囲にいくつかあった。

カニが有名らしいが、ここではオーストラリアで出会ったアメリカ人におすすめされたInnoutのアニマルスタイルというポテトとチーズとオニオンソースをあわせた独特の高カロリーな食べ物を食べた。

https://lh3.googleusercontent.com/ZeVc-mZqDa6CYN4AoP-GZZdiY4ewSaViNc5kBtgUl_W_BDjE-g19wJgmcjIjDVCe0KawO3KPCHM-FWE-QEgoGBojjiht-sgp8mAgi6w6pMyEiC980lu1ZR6LhccBm_uyNzlQg_vINTZ8CoJPxZMoaskYX4bBa0kg5xTeLbmNSAt_q-SKXmkJV00YYKNzinTFeFAPVT_n8Kwmphi-w5crpCpXO0LfpTFQkb2Dw1HBA-9Zexfo61nrAeOczcszbeQBvw1oH2I9Ws_qwbFj0kDX5UNyMv7ZPzQuLtoTl4L0BmJq9v1whU9IxRvDt1UESbfxeHTboMgf7UkRW7bCRPLQcX_YaPz616tQ-BfMlmZjkfqEr-jvsJwXiOjt5q98kkHh2r6Ue1RMhPiskoxB3Y2AdFQRMr4I4_gEhiWU75-yX8rHyoWmWHzSGKYPsJZsZQKx4-CKEjDTIBh7_Me68Cywil9Rr9i2_cndI1NiD2Efb0Gnryb0HI9I30sTfVSLzjANT-R_H3X95b7UUi9bhX1Imx2BVHd7yC6p2_PNOjnmGBkSuq8dc0vzUvtUMgYGR2DAZGjI7uj-5o-032_sGobFF5lnfN-9ch71T3cSSPZXqN_JdW9rKP6Kdg=w984-h738-no

 

 

食べた後はそのままあるき続け、夕日を見てUberで部屋に帰った。https://lh3.googleusercontent.com/0OYYJnnRCeWaQAsPyn4zOcSL2FSGpr0O5Pg9dwrYUUepjDkM53cCBOefCt1qjBxkKoKHdC6kzH2DIqUb4c_TuzAljRaTd4rEGdhukPVB4AVgYcuW1vpaA8ooBofglvdSZ9xdmYJP1wf3MhzrB6e31V0e0ZvZJfdVrJp-AFuYsNpkk_UZx8rx1k5ZVeOnQFf4UvL6KsxYIGqK9OdlLOnSsfr7J2AteP_w3evtvbYiChfoIhFgqCKy-A9KGp9UjAr8EI-jDlokdVyM5LHNaUajMwWRusd1tXf89gr5fec9OuevS02NlrFuPFDmiCVmLopj2dsftn55wz39g0Z_Ow8gJSAPw7Cr2HVzluDI_UVt0l4sv-TlRfKVhRsmhxnuh5MuI5sHGILcmhVuM-Wz-HqCmrkpH5lMjFwd320oROChd79Ezdjaf_PMPbWVOlxie_SwfzomnR59gExQcy26Xpn9e2jiqHokYDtoAIsjoGBUWplAVE0zQwQjwcGYWk_aq_LJtL8q5TXfKgCKrJ_0sjNhBnbaHkjVLxc0kgEWJ8kXDY_oyzmorUPPL3vMK0cXgeYc9mgJnzsDBFIHaPoLxgW5-R1ayBfpU4V8w1mcvXh4W4Wz41KjwKYQ4Q=w984-h738-no

 

8日目 エアーズロックとフィールドオブライト

本日はサンライズ→登頂ツアーと、フィールドオブライトのツアーがあった。

サンライズのツアーでは、ロッジのようなところがサンライズポイントとのことで、そこに向かい、サンライズを写真におさめた。ひとの数も多く、みんな写真撮影にきているようだった。

日が登り切ってからは、実際にウルルの麓へ行き、登頂をする予定だった。
登頂をするには条件があり、

- 風が強くないこと
- 路面が濡れていないこと
- 日中であること
- 落雷の心配がないこと
- 降水確率が一定以下
- 気温が36C以下であること
- そのた危険な理由や文化的理由がないこと

という結構厳しい基準があり、今回は強風のため登頂することはできなかった。

その分麓での観光となった。麓を歩き回り、下からのアングルで写真を取った。
やっぱり間近で見ると圧巻で、自分が小さく感じられた。

その後、博物館へ寄った。こちらでは現地人とオーストラリア人との交流の歴史や、原住民の作った商品等が展示・販売されていた。

博物館を見た後、最後の登頂のチャンスがあったが、それも強風の影響で見ることはできず。。

f:id:kotamat:20170331230237j:plain

その後はラクダがいるという動物園へ、バッファローとラクダがいるちっちゃい動物園だった。

ここではラクダの試乗ができるということで、乗ってみることに。ラクダは人を載せてても載せて無くても従順に歩くというかわいい一面を見せてくれた。

 

https://lh3.googleusercontent.com/6jNwKF8vKZrh8f2bFv9EI4iTl6kjk-K0AL5wpEguxlv3ShjeJbKF9Vwwc8okml_8-899O5VsSgZ9eqQtDj3ynBgT8I9Bc4pAJZWPDstvpk07LLPQdFsPaMucjOqB7uEnaE3MWAk5mJ1Zj6TELN9zBxFB1B915Az4vulwbhl3Ct0mnzpD-aYF4a-bx3PEr1DkEGoygy0URpn78rQZiRWWvb8NdjQLuMD3BPaTVGgeB9dlyih_M_SsuLSAXlau1r9zyXoATralqApkhXXTqCVR9ofxvwXwWHU7ehZOdYqyeCw3IR3MSWniC54R6p3o-1C2oalPfxG0resN5cz0GKywG9_S2lxHH_QM0vyOG-2UMsRSV37Gck6nXJgQuoiI_a7VJl2bPAmYGTl0URspdT1HhtDK-wBMM-oQ6DkLeOnDxS3Ro4xn743fDLXXOFpK7IlxThdHjbCTmIPWGmyLU2C4bVmyy4e2P8Awyx647W0UrPKAeXIgj1NMl8VC7v193Sol0PkTXYVYxj_Itx0ELViG6-5OSBYKEs8HUoXZwrW_4Vf3NGlL36q91eSvMvFBSXIuAaVh3E7BASCWzF90bHpQdAMD3rMYUUEjxdZfnF8F-fH2lS35ir_vbA=w984-h738-no

それが終わってからは、シャンパン片手に日没二日目を眺めつつ

https://lh3.googleusercontent.com/xwgGp7LkRZRwWPKsX4PH4otMXYdo5uzexhlBMurlDuBe07eZ3X6pFfNGOAekf1h9qUuxEnd3X5Pl5fundw_wDcgdd7GbTt4bKlWZeuwAE23tc7_itkUZiDFiZAxWOzM2THQ_YnPF2Cy3arZq6r7U36SeqgyYSewWIpQCuRvagSasQ4gKhVUxP20Zcawk_pLE6N7kovkM7HEMrXc1TsUoQom9Bhub9n9aD1M424OlLtI8FfUlNILhWMrG2MGTGAQcEOBJg_9Tehl57o3KrnO8UQ3lvBzUuvh_qPYQR4mszAyyFghEEASvhXSCNPIxM_L1yLtb4GaxJ_HgQ5npOQUqsHz0SOLckVgmEoubQLPpYoKwogcwwdp957SwjD7-MtyRdArS4GqXLXmZN9rLGq-UasiiKmTWGy5H6Nncp8n5Lxoa_yDzAT3PzucXRVtn4IN3nXScxGA0bBj-131TZG0lmlgY3jAoHgqZcNom3miFKQbHXNvqGfXu9kF7PjRuA0-cVn9u-FFOz83qYRPfq7VKFaC6hqD5DmAuguJ6HERHRHVIhJqyg0ZoeGW1m78jKm4qjKxdEl-WrtfaJMdoXg0V3KTu1uGClPW7LbWxvqROcGrDIBeyWA=w984-h738-no

フィールドオブライト鑑賞。写真ではわかりづらいけど、めちゃくちゃキレイだった。男1人で見るものではなかったな。

f:id:kotamat:20170401013238j:plain

終了後はそのまま就寝。

 

7日目

本日はエアーズ・ロックへの移動日と、ウルルのサンセットを見に行く日。

なぜかわからないが、手配されているチケットは、カンタス空港でアリススプリングスを経由し、アリススプリングスからエアーズ・ロックは自費での手配となった。しかし、ケアンズからエアーズ・ロックへの直通便も存在しており、つくづく世界一周堂での手配失敗を体感させられた。

アリススプリングスでは、中途半端な時間だったので、特にやることはなく、空港でパソコンをいじっていた。外にも出てみたが、ハエが飛び交っていたので、空港内で待つことにした。

エアーズ・ロックに到着後、ウルルリゾートというホテルが集結している場所があり、そこへの直通便があったので、それを使ってホテルへ。
ここ一体はAATKingsという会社が全てのツアー、ホテルを管理しているらしく、この移動バスは無料だった。

1時間ほど時間があったので、洗濯物をほし、1.5Lの水を2本かっておいた。

迎えのバスがきて、国立公園のチケットを買おうとしたら、クレジットカードが使えないといわれ、仕方なくATMでお金を下ろそうとしたら手間取ってしまい出発が送れてしまった(ちなみにバウチャーにはクレジットカードで支払えると明記されている)

ウルルサンセットでは、まずウルルが近くで見えるスポットにバスで移動。写真を取った後に、ビュッフェ会場へ移動、日没を待った。
日没は西の方が曇っていたためきれいには取れず。しかも日没の方向がウルルとは逆方向だったので、岩肌の色が変わるのはみれたが、ウルルへのサンセットと言う意味では見れなかった。

ビュッフェ終了後、BBQ会場へ移動。
バーベキューには、オージービーフ一枚とサラダのビュッフェがついていた。正直前のビュッフェでそれなりに空腹を満たせていたので、そんなに食べられず。
このタイミングから日本語のガイドとなったので、日本人ばっかりとなった。

サンセットビュッフェでもBBQでも結構飲んだので、ホテルに帰ったときには、そのまま爆睡してしまった。